NYに住む ーマンハッタン移住計画

こんにちは。

 

ご無沙汰しております。ごめんなさい。元気でした。

日本は酷暑や豪雨で大変な思いをされている方がたくさんいると思います。

どうかご自愛くださいね。

 

さて、我々が渡米してきたのは去年の7月14日。

なんと、1年経ってしまいました!

 

感想は、

 

「驚くほど英語が出来るようになってない!!!」

 

 

一度は外資系で上司とは英語で話していた経験があるので、「あとは慣れだな」と高を括っていたのですが、とにかく英語を話さなくても大丈夫な甘い環境に甘えまくってしまい、生活範囲の英語以外全くできないまま、あっという間に時だけが過ぎてしまいました。渡米前は一年も経ったらもうスラスラしゃべれて何でも聞けるようになると思ってたのに・・・。

お友達で留学を隠していた子がいて、「そんな貴重な経験してるのにもったいない!!遠慮しちゃって!」と思っていましたが、今は気持ちがとっても分かります。

マンハッタンの地理感にはかなり慣れてきたし、美味しい料理のお店もだいぶ把握してきたのですが好きなことしか伸びない私の悪いところが全面にでてしまいました。

 

さて、渡米前から嘆いていたNYの物価の高さ。

特に家賃に関しては飛び抜けて高く、社会人でもシングルの人はルームシェアが普通なくらい、本当に高いんです。

例えば東京都23区の1LDKの賃貸が月18万だとすると、NYは40万円!!

特にマンハッタンになると45万くらいすると思ってください。

ただし、エントランスにドアマンやレセプション、1日中室内の掃除や修理をしてもらえるし、共有スペースも充実しています。

最初はそんなサービス全部いらないからとにかく安いところをと思っていたのですが、そういう物件が意外と少ないんです。

 

 

今住んでいるマンハッタンの隣の島のクイーンズのロングアイランドシティは、新興住宅街で日本で言うと豊洲がピッタリな街。

新しくて大都会とは一歩出ていて犬や子供がのびのび育つ(どちらもうちにはいないけど)、とても治安の良い場所です。

ただ、マンハッタンに出るにはメトロにならないと歩いたり泳いでは行けないため、どうしても在宅仕事の日は出かけるのが億劫になりがち。私の大好きなTrader Joe's(スーパー)もクイーンズにはないため、毎回すごい荷物を持ち帰るのが結構大変です。

また、NYの家賃更新は1年契約で、更新してもだいたいが値段を上げられてしまうんです。

ということでだいぶ地理にも詳しくなったため、この機会にマンハッタンの家探しをする事にしてみました!

 

さて、条件としては我々は今の家に不満があるわけではないので、

・今よりも生活できる範囲で狭くてもいいので、家賃がなるべく上がらないこと

・主人の職場から離れすぎないこと(現在たったの2駅)

・Trader Joe'sのどこかの店舗から近いこと

を条件に何件かネットで探します。

 

NYではブローカーと呼ばれる不動産屋が案内してくれる場合と、そのマンションごとに事務所があり、そこの人が案内してくれます。

 

今回は4件まわり、かなりバタバタした時期でもあったため、1日でまわってみて見つからなかったら諦めようと決めました。

 

1件目

33rd streetにあるTrader Joe'sのすぐそばにあるアパート!

f:id:miyachoco:20180622035321j:plain

f:id:miyachoco:20180622035330j:plain

外観がいきなり超高級ホテルですね。

 

f:id:miyachoco:20180622035339j:plain

f:id:miyachoco:20180622035348j:plain

去年驚いてからはだいぶ慣れてしまいましたが、NYのアパートの入り口は日本ではインターナショナルホテル並みの豪華さなのがわりとよくあります。

でもここはその中でも豪華ですね!

 

f:id:miyachoco:20180622035403j:plain

プールやジムも入ってますがこれは有料。

 

f:id:miyachoco:20180622035355j:plain

f:id:miyachoco:20180622035409j:plain

廊下が長過ぎてエレベーターよりかなり手前に行きたい階を押すボタンがあり、辿り着く頃にちょうど来るというアメリカらしくない細やかなサービスつき!!

 

f:id:miyachoco:20180622035422j:plain

 屋上にあるプール。

 

 

 

f:id:miyachoco:20180622035418j:plain

ルーフトップからはエンパイアステートビルディングなどマンハッタン中心地が眺められ、大きなソファなどもあり、それもまた豪華な時間を楽しめそうです。この人工芝だけはちょっとよろしくなかったなぁ。

 

さて、部屋にいくといきなり現実的になります。

f:id:miyachoco:20180622035435j:plain

f:id:miyachoco:20180622035439j:plain

当たり前ですがユニットバスです。

このシャワールームにカーテンを引くタイプと、ガラス窓がついているタイプがあって、現在の家はガラス窓で快適なので、これはマイナスポイント。

 

f:id:miyachoco:20180622035449j:plain

f:id:miyachoco:20180622035457j:plain

 お部屋は割と普通でした。

ただ内装はリフォームされていて新品のものがならび、申し分ない感じ。

広さはだいたい50平米弱くらいでしょうか。

 

 

アパートの出口すぐにCiti Bikeもあります。

マンハッタンは駐輪場がないため、自宅内に自転車を置かなければならず、また、冬は寒すぎて使えないのでこのようなレンタルサイクルを使う人がいます。

f:id:miyachoco:20180622035510j:plain

f:id:miyachoco:20180622035513j:plain

とっても素敵だったのですが、現在の家よりも家賃は$500/month くらい上がること、部屋自体が狭くなることからここは断念。こんなところ住めたらセレブじゃん!!と思ってたのですが本当にセレブで手が届きませんでした。

 

この系列でもう一軒ちょっと安価なアパートを2件目として内見しましたが、現在居住中で写真がNGだったのと、明らかに一人暮らし用のStudioと呼ばれる広さだったので断念。

 

さて、私は元々は「便利で快適」より「おしゃれで可愛ければボロくてOK」なタイプなので、

14streetのTrader Joe's近くの、ちょっと古いけど暖炉と大きなロフトがあるおうちを見てみました。

3件目。ここは私の期待度No.1のところです。

f:id:miyachoco:20180622035532j:plain

f:id:miyachoco:20180622035537j:plain

f:id:miyachoco:20180622035546j:plain

f:id:miyachoco:20180622035553j:plain

通りも含めてNYっぽいし、可愛くないですか? とっても私好みで期待度大!!

入り口にある紅葉みたいな木に毛虫がいないかちょっと怖かったですが。

 

ここはエントランスはなく、レセプションのサービスマンもいなく、日本のアパートみたいに入り口にみんなのポストがあります。掲示板もって、本当に古き良き感じ。

 

さて、期待の内装。

f:id:miyachoco:20180622035602j:plain

f:id:miyachoco:20180622035609j:plain

f:id:miyachoco:20180622035615j:plain

f:id:miyachoco:20180622035620j:plain

f:id:miyachoco:20180622035634j:plain

f:id:miyachoco:20180622035635j:plain

 

f:id:miyachoco:20180622035706j:plain

 

f:id:miyachoco:20180622035749j:plain

あり得ないほど良くなかった!!!笑

まず、暖炉はよく考えれば猫がいるので危ない。

毎朝火をつけるとか超めんどくさそう。暖房は絶対小さすぎる。

古い家はガラス窓が適当なのでNYの極寒に耐えられなさそう。

ロフトの階段が今にも外れて落ちそう。猫のために運動になると思ったけど、うちの猫じゃ怪我するレベルにボロい。

水回りが古すぎる。キッチンが一人暮らし用より狭い。

 

f:id:miyachoco:20180622035803j:plain

お隣さんなんてこんなに入り口が素敵だし、歩いて1分のところにバラがたくさん咲いたとっても美しい公園があるし、環境は最高なのですが・・・。

これでなんと$3700/month !! 払えなーい!!!このエリアは素敵なんですが本当に高いと言うことを身をもって感じました。

 

ということで、最後の4件目。

こちらはロウアーイーストサイドというエリアでTrader Joe'sが近くにないのですが、HPのマンションはいい感じだったのと、憧れのエリアSOHOが近いため、内見。

f:id:miyachoco:20180622035821j:plain

f:id:miyachoco:20180622035836j:plain

エントランスは(充分なんだけど)やや狭く、こんなテーブルと椅子があるくらい。

 

ここは部屋の方が素敵でした!

f:id:miyachoco:20180622035844j:plain

f:id:miyachoco:20180622035859j:plain

f:id:miyachoco:20180622035909j:plain

 

今度別にブログを書こうと思って早半年以上経ちますが、ランドリーが部屋の中にある!!!というのはすごく高ポイントなんです。

f:id:miyachoco:20180622035939j:plain

 

NYには珍しく、部屋にバルコニーがあります。

f:id:miyachoco:20180622041049j:plain

f:id:miyachoco:20180622041104j:plain

 

ルーフトップもソファとテーブルがあって、BBQもできてとても気持ちが良いです。

f:id:miyachoco:20180622041110j:plain

f:id:miyachoco:20180622041118j:plain

f:id:miyachoco:20180622041128j:plain

 

f:id:miyachoco:20180622041146j:plain

f:id:miyachoco:20180622041200j:plain

f:id:miyachoco:20180622041206j:plain

ここにもジムや共有部屋もありました。

悪くなかったのですが、地下鉄まで歩いて10分以上かかること、治安があまり良くないこと(怖いレベルではないけど)から、引っ越ししてまで住みたいレベルではありませんでした。

 

ということで、お引っ越しは今年は断念。月$70家賃は上がってしまいましたが、あと一年はおとなしくここに住もうと決心したあとに、私たちのアパートにもルーフトップバルコニーがあって、いつでもいけることが判明!

 

バルコニーからの景色です。

f:id:miyachoco:20180808072345j:plainf:id:miyachoco:20180808072336j:plain

ここに水筒とかご飯をお皿ごと持ってきてたまに食べてます。

いいじゃん!いいとこみつけたじゃん!一年も経ってから!と夫婦で笑っております。

 

豊洲っぽいでしょ?

 

それではまた。

NYで自然と触れ合う ーカヌー編

こんにちは。

 

日本は大阪で大きな地震がありましたね。

皆さん、周りの方々は無事でしょうか?

地震怖いですよね。私は東日本大震災の時にお台場にいて地割れや火災を見たくらいですが、それでも地震は本当に怖いと思っています。

何ともなくても精神的にダメージがあると思いますので皆様ご自愛くださいませ。

 

 

さて、NYにも30度超えの真夏日がやってきました!

私は夏が大好きなのですが、夫婦共ども虫が大嫌いなのでアウトドアとは無縁、でもエキサイティングな事は大好き。先日たまたま主人の知人つながりで「カヌーしませんか」とお誘いをいただきました。

アクティビティは好きなのですが腰の重い我々はこの御誘いを断ったら一生カヌーとは無縁の人生を送る事になる!と究極の選択を迫られ、ヤンキースの試合観戦の翌日に行ってきました。

 

場所はCatskilllsというところの「Rondout Creek」というところでマンハッタンの西にあるニュージャージー州を通ってまたニューヨーク州に移った場所にあります。マンハッタンのpen-stationという大きな駅から特急で一駅でハドソンリバーを超えてニュージャージー州に渡り、ニューアーク空港方面からレンタカーを借りて約3時間かけてきたに向かう、なかなかの遠出でした。

 

f:id:miyachoco:20180621005545j:plain

 

私たちは日本で免許証を持っていて、渡米前に国際免許証を取得して来たのですが、ニューヨーク州では国際免許証で運転できるのは旅行者だけで、長期滞在ビザ取得者には適応外なんです。。。ただ私たちがレンタカーを借りるのはニュージャージー州だからそこは運転できる!と思ったらなんと前日に有効期限が2人とも切れるという悲惨な事になり、主人の知人も同じ状況で、敢え無くお誘いしてくれた面識のない女性ひとりにずっと運転していただくことになってしまいました。。

国際免許証とるの面倒くさかったのに、一度も使うことなく終わりました。。

 

さて、今回予約してもらったのはAirbnb(通称エアビー)のExperienceというコースです。日本でも民泊が流行って問題になってすぐ衰退しましたが、アメリカはAirbnbはすごく盛んで(主催国だから当たり前か)マンハッタンでもあります。普通のホテルはマンハッタンだと最低でも一泊$100してしまうので、数人で1週間とかであればAirbnbはとても良いと思いますよ。

 

さて、その民泊の会社がやっているアクティビティなので、この緑溢れる中に住んでいる方が個人で所有している家にも泊まれる(家にはオーナーが住んでいるので部屋を借りる感じ。バスルームなどは一軒家には二つとかあるので)のですが、今回は日帰りでオーナーの個人所有のカヌーを借りて、オーナーのガイドを聞きながらカヌーをするというコースのみにしました。Airbnbにもそんなコースとかがあるなんて知りませんでした。

 

実は当日の天気予報は終日雷雨だったんです。

私たち夫婦、昔は私たちを中心に天気が決まっているんじゃないかって自惚れるくらい雨男&雨女でした。しかし、御誘いしてくれた女性と主人の同僚が強力な晴れ男&晴れ女らしく、見事に雲ひとつないお天気に恵まれました!

 

まずはオーナーのお家に行き、説明を軽く聞いてサインします。

まずこの家がビックリ‼️

f:id:miyachoco:20180620020840j:plain

f:id:miyachoco:20180620020846j:plain

f:id:miyachoco:20180620020857j:plain

ログハウスなのは想定内ですが、オーナーの知人が狩ったり山で死んでいた?あらゆる動物の頭蓋骨や毛皮がわんさかと飾られていました。

私はこういうのワクワクしちゃうんですよね。

中には飼っていた?猫の頭蓋骨もあって、我が家のおもちちゃんももし死んだら骨にして永遠に可愛がりたいと思ってしまいました。

庭には2羽どころじゃないたくさんの鶏がいて、倉庫にカヌー道具が入っていました。

オーナーの車に積み、5分位走って川に行きます。

f:id:miyachoco:20180620020928j:plain

 

全く人の気配のない、とても静かな場所で、カヌーに乗らなくとも日々の喧騒から抜け出してとてもリフレッシュできます。

f:id:miyachoco:20180620020954j:plain

 

カヌーは一人か二人で1槽で、体重が軽い人のほうが前で進み、後ろで重い人が左右のコントロールをするのが良いそうです。我々は夫婦で、私が前になりました。

全部で3槽(オーナー、友人2名、我々)でひたすら下流へと漕いでいきます。

f:id:miyachoco:20180620020955j:plain

川幅は狭かったり広かったり、基本的にはほとんど流れがなくてずっと浅瀬。時々岩があるので座礁しないようにうまく切り抜けるのがとっても楽しかったです。

ただひたすら上流から下流にゆーっくりと流れて景色や鳥を見ながら漕ぐので、全然きつくなく、とっても楽しい時間となりました(と後ろの主人は思っていないかも)。

また、我々以外には全く誰もおらず、たまーに道路が見えて車が走っていたり、家があって庭から子供が手を振ってくれる程度で、とにかく鳥と木の囁きとオーナーの何いってるかわからない英語ガイドだけが聞こえます。

 

川添いには沢山のメープルの木があり、その花が散るとトンボの羽のような形でくるくる回りながら散ると教えてもらいました。甘い匂いはしません。

f:id:miyachoco:20180620021042j:plain

 

さて、2時間くらい漕いだところに1件レストランが有り、そこでランチ。

f:id:miyachoco:20180620021047j:plain

チキンやポークやナマズなど選べて(ナマズがものすごい強い味付けで全く臭くなくてとても美味しかった)、かなりお腹いっぱい。

そして、もう一度カヌーを楽しみます。

f:id:miyachoco:20180620021050j:plain

本当は動画を添付したいのですができないのが残念。とてもゆっくりとした爽やかな時間を過ごせました。後半は1時間くらい漕ぎました。

最後にみんなで写真を撮って、約10キロほど下流まできました。

 

オーナーは超ナチュラルな人で、起きたら今日のご飯になる魚を釣って、鳥の世話をして、テレビも見ず自給自足な生活をされているそうです。

木苺の葉と毒をもった葉の違いを教えてくれたり、鳥の鳴き真似で会話してくれたり。私達を飽きさせないようにしてくれました。

f:id:miyachoco:20180620021129j:plain

 

さて、15時頃解散して、男性陣のためにドイツビールのブリュワリーで一杯飲んだり、

牧場の売店でアイスを食べたり、動物と戯れたり。これまたなかなかできない体験をしました。

f:id:miyachoco:20180620021135j:plain

f:id:miyachoco:20180620021152j:plain

 

f:id:miyachoco:20180620021339j:plain

そしてまた3時間かけてニュージャージー州まで戻り、

夜はマンハッタンのハドソンリバーに浮く船の上でワイワイ飲んで、都会の遊びを楽しんで帰りました。

 

f:id:miyachoco:20180620021459j:plain

f:id:miyachoco:20180620021503j:plain

f:id:miyachoco:20180620021506j:plain

f:id:miyachoco:20180620021515j:plain

これははまぐりとひよこ豆の蒸し料理。これとカラマリというイカのフライがすっごく美味しかったです。最後まで最高。

そして最後の最後にブルックリンの方で落雷が見えました。

解散後は急いで帰って、超寂しがりやのおもちちゃん(猫)に謝ってちゅーるを2本あげました。

 

都会が大好きな我々ですが、この日が渡米して一番楽しい一日となりました。

たまには皆さんもアウトドアを!

 

ちなみに、この直後に我々の自宅からカヌーしている人たちを発見。

(おもちちゃんがじっと見ている点々のことです)

f:id:miyachoco:20180621005004j:plain

まぁ景色が全然違うから!笑

 

 

それではまた。

 

 

Casa Enrique

こんにちは。

 

アメリカでは5月の第4月曜日がひさしぶりの祝日「Memorial Day」となりました。

この日は本来は「戦争で亡くなった兵士達を追悼する日」なのですが、実際には夏の始まりも意味するらしく、夏至というよりは、海の日的な「イエー!バーベキューしよー!!」みたいな日らしいです。日の入りは20時過ぎなので暑さは物足りないものの開放感があるのが好きです。

 

本当に冬から夏になりましたが、寒い日はまだ15度しか無かったりでなんとも体温調整のめんどくさい日々です。ちなみにどこでも室内はありえないくらい寒くて長袖は欠かせません。

そして、梅雨はないそうです!イェーイ!!

 

先日、いつか行ってみたいお店の候補だったオシャレメキシカンに行ってまいりました。

その名も「Casa Enrique」直訳「エンリケさんち」。

我が家から徒歩5分にある、超ご近所レストランです。

f:id:miyachoco:20180608230549j:image

毎朝ときには帰りにも目の前を通るのですが、「人気のあるカフェなんだな」と思うくらいでした。まさかカフェじゃなくてレストラン、しかもメキシカンだったなんて!まぁよく見れば犬は麦わら帽子被ってるし、Casa ってスパニッシュでしたね。

 

さて、表向きとは裏腹に、中に入るととっても広い店内!地下もありテラスもあり、そして信じられないくらいお客さんがいっぱいで、土曜日13時で20分待ちでした。

さて、NYではレストランに入るとまずそのテーブルの担当バトラーが来て軽い説明をします。ランチタイムでも平日でもアルコールはガンガン勧めてきます。主人は「ライムモヒート」を注文。

f:id:miyachoco:20180614035723j:image

後で値段が$11か$13もしていたと知り驚きましたが、、アルコールが思ったより控えめでしたがちゃんと美味しいお酒でした。

 

最初にお通しらしきカッパえびせんのようなスナックと、辛さが3段階になったソース3種が置かれました。

f:id:miyachoco:20180614034440j:imageこのカッパえびせんがカッパえびせんよりしゅわしゅわして軽くて味がく、ソースの色がみんな違うのに何味なのかさっぱり分からず、最終的に全部混ぜてずっとつけて食べてたのですが、なんか病みつきになってしまいました。

アメリカではこのように「味の薄いスナック+辛いソースやディップ」という組み合わせがよく見られ、スーパーでも隣合って陳列されていることが多々あります。

 

そして、こちらがブランチメニュー。

f:id:miyachoco:20180614035730j:image
f:id:miyachoco:20180614035736j:image

サッパリわからず、、、

タイトルは無視してひたすら英語の説明を読んで選びましたが、だいたいタコスかトルティーヤでチキンとかお肉が違うくらいで一体なぜこんなに種類があるんだ?と思うような似たようなものばかりでした。

 

困りつつも、なかなか家庭では食べられない魚介類を食べたくてカニのトルティーヤを注文。カニなんて高価なのにチキンと$4しか変わらないんだなと思ったら、バトラーに「このカニは小さいから、一緒にマーケットフィッシュ(市場で取れた魚、何か聞いてもわかんなかった)のトルティーヤとサンドイッチにしたらいいよ」と速球を投げてこられ、英語力のない私は混乱し、言われるがままの注文に変更。この時点で$20×2個+$4です。

主人に謝りつつも、たまにだから豪快に行こうとフォローしてくれたので、罪悪感もやや晴れて、いざ出来上がりが来ると、

f:id:miyachoco:20180614035719j:image

ちっさ!

完全にappetizerですねこれ。

で、フィッシュのトルティーヤのサンドイッチとは、
f:id:miyachoco:20180614034832j:image

 

 

サンドイッチ???

 

サンドはできないのでオープンサンドにしてみると、

f:id:miyachoco:20180614034837j:image

見栄えはGoodですね!

ちなみに味ですが、カニもフィッシュもとーっても美味しい!!!

 

アメリカに来てすごく新鮮に感じたことは、ロブスターやカニを食べるときに必ずレモンかライムとバターをつけるんです。当たり前だけどポン酢とか醤油じゃないんですよね。メキシカンではバターは使いませんが、ライムの爽やかさと白身の魚介は最高です!

お寿司屋さんでたまにかぼす使ったりしますよね。ぜひお家でもカニにライムやってみてください。

 

 

さてお会計ら最終的にチップ15%込みで$88くらいでした。

たっか!!!!笑

量は足りなくてお店の高級感はなくて(カジュアルでいい感じではあるけど)、日本にあったらミシュランの星はつかないだろ〜と思うようなお店でしたが、確かに特別感はありました。

 

NY ってやっぱり高いです。主人に感謝。

 

ちなみにメニューに「honeycomb」というものがあり、なんだコレ?と主人が思ってたらしいのですが、

f:id:miyachoco:20180614035746j:image

「ハチノス」のことだったんですね!(人の料理盗撮のためブレてます)

英語って意外にも日本語の直訳みたいな名前の時があって面白いです。

 

 

 

それではまた。

 

NYで野球を観る ーヤンキースタジアム

こんにちは。

 

私はスポーツは苦手なのですが、生のスポーツ観戦は好きでたまに日本では行ってました。

特に野球は阪神のファンの盛り上がり方が好きで昔は甲子園にまで行ったりしたんですね。でも、テレビだと全く興味がわかないんですが、、。

先日、ソフトボールの国体選手だったらしいお隣さんが、野球観戦に誘ってくださり、ヤンキースタジアムに行ってきました!

まーくんがヤンキースにいることは知ってても、松井やイチローが引退したことは知らないレベルの夫婦で、野球好きな友達に3日前になって誰が出てどうすごいのか説明してもらいました。

 

日本でも大谷選手と田中選手の試合で盛り上がったと思いますが、私たちが行ったのはその2日前の金曜日のナイトゲームです。

ヤンキースタジアムは「ヤンキーススタジアム」とは言わないんですね。

場所はマンハッタンの北、ブロンクスという地域のかなりマンハッタン寄りにあり、おなじみのメトロでマンハッタン中心地から40分もあれば行けます。

 

まずはざっくりと外観。

 

駅の出口にいきなりスタジアムがあります。
f:id:miyachoco:20180601074658j:image

 

飛行機のゲートのようなセキュリティチェックをして中に入ると、フードとユニフォームなどのグッズ売り場の多さに驚きます!NYの人たちが野球観戦じゃないのにグッズを着ているのもわからなくないというくらい種類が豊富で、普通に可愛いと思うものもありました。

f:id:miyachoco:20180604235753j:plain



スタジアムなので天井はなく、広さは東京ドームと同じくらいに見えましたが、観客席は4階席まであるため、かなり高さを感じます。それ故に東京ドームよりも大きく感じました。そして席がちゃんとクッション性のある席で座り心地がとても良いのもグッド!

 

f:id:miyachoco:20180601074652j:plain

f:id:miyachoco:20180601080457j:plain

実は主人の会社のコネでヤンキースタジアムのサッカーに一度招待していただいたことがあり(しかもVIPルーム)、場所は分かっていたのですが、すごく静かで臨場感なくお上品に見てたんですね。

生観戦の良い所はなんといっても臨場感だと思うので、今回はなかなか良い席で1塁側の外野近く1階席で観ました(というか、お任せでそのチケットを取っていただきました)。ものすごい臨場感を味わえる席で最高でした。

もちろんVIPルームなんて後にも先にもあの時だけだろうから有り難かったですよ!

 

f:id:miyachoco:20180601080453j:plain

チケットは通常$43の席が2週間前で$106になっていて、さらに2日前には最低料金$395とかなり跳ね上がっていました!それで平日でもほぼ満席(9割くらいかなぁ?)ですからね。アメリカの大リーガーの年俸がぶっ飛んでいるのも納得できますよね。

 

 さてこちらが対戦相手LAA(ロサンゼルス エンゼルス オブ アナハイム)大谷選手。

f:id:miyachoco:20180601075655j:plain

先に説明してもらったお友達の言う通り、田中選手は投げることはなかったので見ることすらできませんでしたが、大谷選手は3回打席に出てくれました。

すごいんです!ブーイングが!!

 

ほかの選手には誰にもブーイングなんて出ないのに、大谷選手にだけは毎回すごかったのがいかに警戒されているプレイヤーなのかが分かりました。また、ヤンキースタジアムのホーム側で思いっきり大谷選手のユニフォームを着た親子もいて、本当にすごい人気なのがよく分かりました。

3打席で1ヒットだったかな、忘れちゃいましたが1点入れられてしまいました。

 

あと驚いたのが、当たり前かもしれないけどみんな最近産まれてるんですよ!90年代!!

あまり言うと歳がばれますが、みんな最近産まれてこんなに成功して…はぁ

となんだか複雑な気持ちになりましたね。

 

さらに驚いたことは、これも前情報はありましたが、選手ごとの応援歌とか応援隊がいなくて、基本的には無音で見るんです。あと盛り上がりはするんですがブーイングとかは少なくて、ちょっと目をそらしてたら攻撃が終わってたなんてことが多々ありました。

また、私の前の席のビールがぶ飲みタトゥーだらけのお兄ちゃん達がウェーブをやろうと何度も何度も一緒にやったのですが、全然続かず、意外とノリ悪いんだなとも思いました。

 

最終的には2-1で勝つことができ、大いに盛り上がりました。

 

さて。私が野球観戦と同じくらい楽しみにしていたスナック。

人のInstagram引用ですが、見てください!!

 

f:id:miyachoco:20180601080505p:plain


 

すごくないですか?

下はコーラ、上はポテトとナゲットです。

これがどうしても食べたくてどこのお店で買ったのか事前に調べて行きました(結局色んなところにあったみたい)。

すごく美味しいかはさておき、良い思い出になるフード。

ちなみにヘルメットに入ったチージーポテトもあったのでオーダーしたのですがでてきたのはヘルメットに入ってないやつだしチーズがすごすぎてくどすぎて・・・笑

f:id:miyachoco:20180601075659j:plain

 



f:id:miyachoco:20180601075651j:plain

f:id:miyachoco:20180601075705j:plain

 

 

そして、私の隣に座っていたカップルの男性、どうやらあまり野球には興味がないようでただひたすらバケツに入ったチキンを食べ続けていました。笑

f:id:miyachoco:20180601074648j:plain


 

プレイボールが19時過ぎと、日本より遅いために終わりも22時過ぎるのですが、終電がないためかいつもの満員電車にさせない精神からか、あまり辛い思いはせずに帰れました。

 

楽しい思い出になりました〜!

ちなみにこの日のランチ(私の職場では無給インターンの子が多いため毎週金曜日はランチがおごってもらえます)はバターミルクチキンのフライサンド(チキン2枚)にポテト。

f:id:miyachoco:20180601074640j:plain


 

痩せるわけがないねー。

 

なんか結局食べ物のことが多くなってしまいました。。

 

それではまた。

The Doughnuts Project

こんにちは!

 

最近のニューヨークは冬のコート着た次の次の日が30度になったりめちゃくちゃな気温せいで毎日服に悩される日々です。

 

先日、セントラル・パークでJapan dayというイベントがあり、PUFFYが出てくれてノリノリで楽しんできました!すっごい寒かったですけど、、デビュー22周年だそうです。すごいですねー。

 

 

さて、先日ドーナツ好きな私の会社のボス(日本人)が一番好きなドーナツ屋だという、「The Doughnuts Project」というお店にやってきました!

アメリカではもちろんドーナツ屋さんはたくさんあります。dunkin' donuts は何処にでもあるし、東京みたいにDoughnuts PlantのドーナツはDean&Delucaにいつもあるし(たぶんIntelligentsia Coffee もそうだったし)、ほかのカフェにはDough Doughnutsのドーナツがやたらあるし。カフェにドーナツはやたらとあります。

 

今回のThe Doughnuts Project はボスが好きだから行きたかったもののなかなか機会がなかったため、忘れないようにinstagramでフォローしてたんですが、ここで物販で出したTシャツがめちゃくちゃ可愛くて、発売の次の日に行きました。

意外にも職場から歩いて行けて、早く行けばよかったな〜と少し後悔。

マンハッタンには2店舗あるようですが、今回はロウアーマンハッタンの店舗にしました。

 

ここはメインストリートからははずれていて少し落ち着いていて、小さな公園の近くにあります。

 

店舗自体は目立たないのですが、内装はド派手にアメリカらしいペイントでした!

f:id:miyachoco:20180517064535j:image

f:id:miyachoco:20180518230036j:image

f:id:miyachoco:20180517064554j:image

アメリカ人って字は下手だけど英語だからなのか色使いのセンスがあるからなのか、黒板も可愛いんですよね。私はお店の黒板を見るのも楽しみにしています。

f:id:miyachoco:20180517064732j:imagef:id:miyachoco:20180517064742j:imagef:id:miyachoco:20180517064750j:image本当はInstagram に載せていたティラミスドーナツが欲しかったのですが、今はこのスパイダーマン?と白いドーナツに変わってしまってありませんでした。なので「Coffee with Salted Toffee」$3.75にし、アイスコーヒーも注文。

f:id:miyachoco:20180517065005j:imagef:id:miyachoco:20180517065118j:image

伝わりますかね?大きさ。直径9cmでした!

ついでに浮かれた服を着た私も撮っておきました!

これが…グレーズはめちゃくちゃ甘い!シュトロイゼルも甘い!けど、ドーナツが甘くないから全然行けちゃう!!

グレーズはシャリっとしっとりほろ苦と甘さで最高!

f:id:miyachoco:20180517065316j:image生地の断面はDough Doughnutsのものより目が粗くてふわふわでした。

 

なによりDough Doughnuts よりあきらかに丁寧に作られてる感じがします。

 

あー美味しかった!!

これぞアメリカのドーナツです。

本当はダイエット中だからTシャツだけ買おうと思ってたのにドーナツを買ってしまい、

本当はダイエット中だから半分持って帰って主人にあげようと思ったのにグレーズがなんかベタベタするから、全部食べてしまいました…。

 

ちなみにアイスコーヒーもコールドブリュー(水出し)じゃないのか、しっかりと深みのある味ですっごく美味しかったです!合格!!!

 

そして、ここの店員さんは物凄い優しい!

こんなに店員さんに丁寧な言葉遣いしてもらえたのは初めてでした。

 

今のところのNYドーナツランキング

 

Dunkin’ Doughnuts <<< Dough doughnuts < The Doughnuts Project = Doughnuts Plant < ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

個人的な意見なので私の好みとしてみて下さい。

実はトップのドーナツを出し惜しみしているんです〜ふふふ。

 

これはまたいつか、うん、出すかなぁ?ナイショにしておきたいかも。

 

 

www.thedoughnutproject.com

それではまた。

 

 

Intelligentsia Coffee

こんにちは。

 

最近気がついたのですが、

私スギ花粉症なのですが、全然花粉症の症状がでません。NYが寒すぎの後にいきなり夏みたいになったことですっかり花粉症を忘れていました。

太ってるからなのか?アメリカ人が風邪をひきにくいのか?風邪も全く引く気配なく、超健康に冬を越しました。あとは痩せるだけです…。

 

さて、今回は満を持してご紹介したいカフェです。

その名も「Intelligentsia Coffee」。

直訳は「知識階級の珈琲」。笑 英語で通じるか。

もう、名前がカッコいいですよね。

 

このお店にはとても思い入れがあるんです。

かつて外資系のメーカーで働いていた時に出張で訪れたロサンゼルス。

正直この会社に入る前までアメリカに旅行で行きたいと思ったことがない(ハワイは行ったけど)くらい、私はアメリカに興味がありませんでした。フランスが大好きすぎたので、旅行に行くお金があるならパリに行きたかったんです。

 

ところがアメリカの飲料メーカーで働いたり、何度かの出張でなんとなくアメリカと関係する機会が増えてきて、2度目の出張で出会ったこの「intelligentsia Coffee」に完全にノックアウトされてしまいました。

 

めっっっっっちゃくちゃカッコ良かったんですね。

あの衝撃は忘れられず、1週間の滞在でロスにある3店舗を全て行きました。全てが個性があって、店舗もコーヒーもお菓子も店員さんも全てが完璧にカッコ良かったんです。

最初に行った日に花柄のワンピースなんて着てしまった私はひどく後悔するくらい、とにかく無骨で男っぽい、まさにインテリジェントでスマートなお店でした。ダサい格好の人は入らないでほしいです!!笑

 

この頃の写真を引っ張るのはちょっと面倒なので、最後のリンクで雰囲気だけみてくださーい。スミマセン。

 

さて、NY店はかつてマンハッタンに店舗がいくつかあったようなのですが、現在のところHigh Line Hotelという、マンハッタン西側のハドソンリバーのほうにあるハイラインという元高速道路を商業施設とお散歩コースにしてみましたみたいなエリアの近くにあるホテルの中にある1店舗のみです。形容が長過ぎましたね。ハイラインにあるホテルの中のカフェです。

 

まずこのホテルからしてすってきーなんですね。

クラシックで小さめで無骨でまさにintelligentsiaにピッタリな雰囲気!

入り口はこんな感じ。

f:id:miyachoco:20180517035511j:imagef:id:miyachoco:20180517035604j:image

入り口の小ぢんまりとしたテラスにまず車の中で売るカジュアルなintelligentsiaがあります。

 

アメリカは日差しが強いですが日陰はとても寒いので、みんなテラスが大好きなのでそこそこ人がいました。ただ私の目的は中の店舗なので入り口に入ると、

f:id:miyachoco:20180517061827j:imagef:id:miyachoco:20180517061838j:imagef:id:miyachoco:20180517061843j:imagef:id:miyachoco:20180517063010j:image

f:id:miyachoco:20180517061418j:image

 

素敵すぎるーーー!!!!

 

実はここに来る直前に予期せず1時間も寒い中待ったレストランに行ってしまったため、あまりテンションが高くなかったのですが、一気に元気になりました。

f:id:miyachoco:20180517062947j:image

そして主人はカフェラテ、私はカプチーノを選びました。カップのデザインも素敵!!エスプレッソマシンのメーカーは残念ながらみえなかったのですが、昔少しカフェで働いてたので人が上手に珈琲を入れてるかの判別ならできる私からみても上級テクニックでした!

f:id:miyachoco:20180517062012j:imagef:id:miyachoco:20180517062017j:image

 

これ見て気づいたんですが、私また花柄のワンピース着て(前のよりカッコいいけど)intelligentsia着てますね…。

 

みなさんカフェラテとカプチーノの違い、言えますか?

私がカフェで習ったのはカフェラテはスチームで温めたミルクとエスプレッソ、カプチーノは泡だてながら温めたミルクとエスプレッソだよーということだったのですが、日本にいてもこの定義じゃないふわふわのラテがでてきたりして、色々ありすぎてハッキリとした境目がわかりませんでした。

 

今回のラテもこのふわふわ系ミルクでした。ただ、見てお分かりの通り(右がカプチーノ)、大きさが違う=ミルクが少ないんですねー。

そして、intelligentsia独特のフルーティーで酸味の効いたエスプレッソの特徴が大々的に出ています。逆に左のラテはフワッフワでクリーミーなたっぷりのミルクと苦味はあるけど主張しすぎないエスプレッソ。あくまで素人の憶測なんですが、これ豆も違う…?そんなこと有り得るかなぁ〜。。変えませんよね普通。ミルクとココアだけでこんなにも味が違うのでしょうか…。

 

若干マニアックな感じになってしまいましたが、とにかく両者に歴然とした差があってプロフェッショナルを感じました!

 

また、肝心の焼き菓子系なのですが残念ながらNYは1店舗しかないため、(おそらくドーナツプラントの)ドーナツと、どこかの焼き菓子が1つのケーキホルダーに入ってたのみ。あとはEarly Birdのグラノーラバーとどこかのチョコレート。Early Birdのグラノーラ自体は日本のDean&Delucaでも購入可能ですが確か300gくらいで¥1,000以上した記憶があります。おそるべし、Dean&Deluca!!

f:id:miyachoco:20180517062115j:imagef:id:miyachoco:20180517062128j:image

LAのintelligentsiaのペストリーは本当に感動するレベルに美味しいですよ。そしてオシャレ!

 

ということで私の色眼鏡で見過ぎかもしれませんが、

見た目 最高!!!

雰囲気 最高!!!

お客様 最高!!!

店員の態度 クールなところがグッド!

味 最高!!

 

でした!

 

ちなみに主人が数ヶ月前にジャケ買いしてきてくれた板チョコがたまたまintelligentsiaのもので(なんと1枚$10以上!)すっごいお洒落な味すぎて最初どうしようかと思いましたが毎日1かけ食べるうちにみるみるハマりました。

f:id:miyachoco:20180517062318j:image

今思えばこのチョコこそ、カプチーノに使われたエスプレッソの豆の味でした。

 

 

カフェ自体はちょっと遠いのが通えない残念ポイントですが、またクールな気分になるために?たまに行っちゃいたいと思います。

 

最後に好きすぎて買った物販。

どこに飾ろうかな♡

f:id:miyachoco:20180517062211j:image

 

https://www.intelligentsiacoffee.com/locations

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

NYの食のイベントにいく ーThe World’s Fare 編

こんにちは。

 

NYはまだまだ最高気温14度くらいが続いておりましたが、先週火曜日からどどーん!と気温が上がり、28度、31度、と夏より高い気温になってきました。そんなに上がらなくていいからもっと早く安定してあったかくなればいいのに、、コートから半袖になりました。

 

さて、先週末はお隣さんに御誘い頂き、Queensで行われる「The World’s Fare」というイベントに行ってきました!

お菓子の展示会が大ハズレだったのですが、今回はNYのベテランのお隣さんからの御誘いだったのですんなり行く気になり、ご一緒させて頂きました!

 

チケット前売り制でビアブースありだと$53もします。ビールは飲み放題(2時間)、食べ物は都度お金を払います。

気を使って私の分までビア込みで払って頂いてしまったので、主人に2人前元が取れるまで飲みまくってもらいました。

 

 

場所は「Citi Field」というMet'sの野球場(Citi Bankが作った球場)の駐車場を使って行われています。メトロ7ラインで我が家からちょうど1時間くらいでした。Queensのチャイナタウンはこの先で、一度通ったことがありました。

f:id:miyachoco:20180505043444j:image

前売りチケットを見せてQRコードで読み取り、色分けされたバンドをすればあとは自由に飲むことができます。

イベントらしくマーチングバンドがいたり、なぜか相撲ができたり(怪しい関取もいた)、3Dアートを描いていたり。やっぱりこちらの方々はノリがいいから雰囲気が日本より楽しいです!私も終始踊っていました!

f:id:miyachoco:20180505043538j:image

f:id:miyachoco:20180504223731j:imagef:id:miyachoco:20180504223826j:image

 

ビアブースは隔離されてるため、その前に食べ物も一通り見たいなぁという事で、購入したものがこちら。

 

アメリカの代表的なパスタ「Mac And Cheese」(ひたすらチーズを絡めたマカロニ)を焼きドーナツ型で焼いてしまった「POP PASTA」$4

f:id:miyachoco:20180503035303j:imagef:id:miyachoco:20180503035316j:image

うーん、コッテリで焼いてあるのに焦げてないのが残念!!悪くはないレベル。

それより店員さんのサングラスが欲しすぎる!!

 POP PASTA

pop pasta - the original spaghetti donut

 

 

次!

ジャーマンジャーマンしたお店のおっきなホットドッグ!!$10くらい

f:id:miyachoco:20180507121501j:plain

 

f:id:miyachoco:20180503035418j:image

斜めの手と斜めのホットドッグで全然伝わりませんが、めちゃくちゃ大きいのです!

これがソーセージもパンもザワークラウトも全てのパーツが美味しい!!!アメリカ人よ、これが美味しいホットドッグだよ!!ふにゃふにゃのパンも許容できるようになってきたけど、やっぱりドイツパン(ではなかったと思うけど)のようなヨーロッパスタイルの硬めのパンこそベストマッチ!!最高でした。

Max Bratwurst Und Bier 

http://maxbratwurstnyc.com/

 

そして、知らないおじさんが食べてて美味しそう過ぎて買ってしまったこのポテト!「home frite」$9+ソース$2

ソースが選べるのですがレモンガーリックにしました。

f:id:miyachoco:20180504040910j:image

これ、美味しすぎる!!!お芋自体がちょっと黄色くて甘くて大きさはアイダホ並み。皮付きのカリカリの食感と中のしっとりホクホク感が最高でした!そしてこのレモンガーリックマヨも最高に美味しい!!

私の中で歴代1位のポテトかも!!

(ちなみにこれまでの1位はクアアイナのポテトです。)

home frite

https://www.yelp.com/biz/home-frite-brooklyn-3

 

お隣さんが買っていた「Butcher Bar」のステーキバーガーはこれでもかってくらいのお肉もりもりでパンもしっかりしていてこちらもまた素晴らしかったです。ブース隣に大きな燻製機があって、こりゃーぁ美味しいですよね、見ればわかる!!

f:id:miyachoco:20180504040909j:image

Butcher Bar

http://butcherbar.com/#Social

 

カーリングポテトも買っていてご機嫌すぎて面白くて写真撮っちゃいました。

f:id:miyachoco:20180505043704j:image

直後に食べたらあまりにしょっぱかったそうで、その後落っことして捨ててました笑。

ロブスターロール(ホットドッグのパンに茹でたorグリルしたロブスターを挟んだもの)もNYでは定番で、それも召し上がってました。

あとは韓国?のDumplingというもちもちの皮の餃子、イタリアのライスコロッケなど。お隣さんの食欲もなかなか。

 

f:id:miyachoco:20180505043849j:image

 

ここの露店のgood pointとして、どれも食中毒対策なのか超出来たてを出してくれるんです。おかげさまで適温の料理が堪能できました。料理は温度が5割以上だと思っている私にはとても素晴らしい点だと思います。

 

さて、堪能しまくってからようやくビアブースへ。

入り口で小さなカップをもらい、これを飲みたいブースで渡すと入れてくれるというシステムです。

f:id:miyachoco:20180504223849j:image

ちなみにNYでは公共の場所(路上や公園、駅など)でアルコールを飲むことは法律違反です。そのためにもビアブースは柵で囲まれており(屋根もそのためかも?)、柵外では飲まないようになっています。

日本みたいにワンカップもってヤバいおじさんとかがいないのは何よりですね。

 

f:id:miyachoco:20180507122208j:plain

f:id:miyachoco:20180507122229j:plain

ビールは日本のアサヒスーパードライがあったり、あとは地元ブルックリンブルワリーや日本でもお馴染みハイネケンやギネス、ブルームーンなど有名どころから見たことないのまで色々ありました。サーバーで提供してくれるところと、瓶をその場で開けてくれるところがあります。私は飲めないのですがこのカップ一杯くらいなら飲めるので、吟味に吟味を重ねて「Imperial」にしてみました。味に重厚感があってドライでキレがよいのが好きなので(だからスーパードライは大好き)、色が濃い目だけどフルーティー感が少なさそうなものをビールの色とパッケージデザインで選びました。

f:id:miyachoco:20180507122128j:plain

あながち間違っていませんでしたが、キレの良さはなかったかな〜若干フルーティ。

やっぱりスーパードライは素晴らしいですね!!

 

余談ですが日本のビールも数種類なら日系スーパーで手に入るのですが、350ml缶で$1ちょい、となんと日本より安いんです!!日本の物の輸入なのに安いのは税金みたいですね。日本の酒税って高いんですねー!

 

さて、最後に私がどうしても気になったアイスやさん「Cryo Cream」$9くらい。スモアとアイスのコンビネーションに惹かれたんですが、なんと、その場で液体窒素とアイスの元になる液体をミキサーにかけて作ってくれるんです!

f:id:miyachoco:20180504040808j:imagef:id:miyachoco:20180504040822j:image

 

そんなに人が並んでるわけではないのになかなか待ったのですが、これは待つ価値あり!とーっても美味しかったです!

ヘーゼルナッツアイスにヘーゼルナッツフレーバーのクリーム(これもスタバのクリームファーマーみたいなので出来立て)とワタパチのパチパチが載っていて、クッキーとグラハムの間みたいなしっかりめのグラハムクラッカーにマシュマロを置いてバーナーで炙っており、さらにチョコレートソースが注入できちゃうという何工程も重ねた出来立てのアイスです!

f:id:miyachoco:20180504040839j:image

お腹いっぱいなのに全部余裕で食べちゃう美味しさ!このお店は店舗がなく、イベントの度に出店しているみたいなので貴重な経験ができました。

 

Cryo Cream

About Cryo Cream — Cryo Cream

 

 

帰ってから美味しかったお店を調べてみるとどこもクイーンズがメインでのなかなか行けない場所にあり、あのイベントに行って本当に良かったと思っています。

目利きにはなんでも経験が大切ですね。お隣さんに感謝です。

 

しかし痩せない…。まぁ今日はいいか。

 

 

それではまた。